HOME経営者に、聞く
HOME経営者に、聞く

経営者に、聞く。LEADER INTERVIEW

株式会社鳥芳 代表取締役社長 井元 克典 氏

Vol.008

鳥の老舗に、周到な段取りあり

株式会社鳥芳代表取締役社長井元 克典

明治半ばの創業から、大阪の食鳥産業を支えてきた。高級食材だった鶏肉は、庶民の手に届くものになった。 食の近代化、多様化とともにある鳥芳の歩みは、日本人の暮らしぶりがいかに変容してきたかを物語る。 140年に迫る歴史を先頭で引っ張る井元克典社長は、自らを「凡人」と評する飾り気のない人柄だ。 しかし、その口から語られたのは確固たる経営哲学。 周到な段取りと、その背景にある覚悟を聞いた。

Read Interview
栄興電機工業株式会社 代表取締役会長 小坂 圭一 氏

Vol.007

総合力を、さらなる競争力に

栄興電機工業株式会社代表取締役会長小坂 圭一

顧客の頼みとあれば、未開拓の領域にも物怖じしない。 攻めのスタンスで事業の足腰を鍛え上げ、時代の変化に即して柔軟にその姿を変えてきたのが、栄興電機工業株式会社を核とするEIKOグループだ。 機電一体のエンジニアリング集団として。 そして、ただものを売るだけではない技術商社として。 多軸経営を突き詰めた末に生まれた強みを、現代的な組織づくりに奔走する小坂圭一会長に問うた。

Read Interview
経営者に聞く 芳賀電機株式会社の芳賀 清氏

Vol.006

職人に代わる、新たな“手”を

芳賀電機株式会社代表取締役社長芳賀 清

職人の感覚頼みだった熟練の技を再現するのは、高度な制御が施されたロボットだ。 産業用ロボットの販売を手がける芳賀電機株式会社は、単なる商社の域を越えた自動化ソリューションを提供、半導体から自動車まで、数多の産業現場に貢献する。 その根底にあるのは「世の中のお役に立つ」という熱意。 手練れのエンジニア集団と手を携えて歩む芳賀清社長の言葉に、ものづくりの未来を見た。

Read Interview
鐘光産業株式会社 代表取締役社長 藤本 惠一氏

Vol.005

問屋にできる、最大限のことを

鐘光産業株式会社代表取締役社長藤本 惠一

自動車部品や刃物などに用いられる特殊鋼の鋼帯が、30メートルにもおよぶラインをゆっくり流れていく。 巨大な鉄のかたまりが、たった5ミリの細さに切断される。 特殊鋼の加工・販売を手がける鐘光産業株式会社は、問屋であると同時に優れた技術者集団だ。 その旗振り役を担うのは、3代目の藤本惠一社長。自他ともに認める慎重派は、いかに現在の地位を築いたのか。 顧客に寄り添い、改善を重ねるその経営術に迫った。

Read Interview
株式会社ヤマシタワークス 代表取締役 山下 健治氏

Vol.004

まだ見ぬ“技”を磨き上げて

株式会社ヤマシタワークス代表取締役山下 健治

国内の基幹産業を支える金属研磨が、職人技とも形容される高度な手仕事が、駆け出しの従業員により見事なまでに再現される。 そんな画期的な加工機械の生みの親が往年、ビスケット工場に勤めていたとは誰が想像するだろう。 大手菓子メーカーから磨きのプロフェッショナルへ。 異色の経歴を持つ経営者の挑戦と創造の軌跡は、決して偶然のみで説明がつくものではなかった。

Read Interview
MORE